仕事でもプライベートでも、メールを利用する機会はたくさんあります。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

仕事でもプライベートでも、メールを利用する機会はたくさんあります

仕事でもプライベートでも、メールを利用する機会はたくさんあります。誤字や脱字はないか、おかしな言い回しになっていないかなど、必ず送信前に確認するようにしています。メールを送る時に気をつけることは、ビジネスとプライベートで少し異なります。
ビジネスのメールは何かあった時に証拠にもなるため、電話の方が早い時でもメールを送ります。問合せたという証拠が残るからです。
相手からの返事もメールでお願いしています。そして、相手は私のように暇とは限りませんから、内容は簡潔に具体的にということを心がけています。ダラダラと時候の挨拶などをせず、要点のみをまとめ、聞きたいことは番号をつけて箇条書きにします。そうすることで、相手はいくつの質問に答えれば良いのかすぐに分かります。
プライベートでは、不必要にパケット代のかかるデコメールを送らないように気をつけています。お誕生日のおめでとうメールや、相手がパケ放題プランに加入していることを知っている場合は別ですが、無駄に相手に通信料の負担をかけるようなことはないよう、気をつけています。
また共通して言えることですが、メールは大変便利なツールである一方、形に残るという意味では大変怖い存在でもあります。誰かの悪口は絶対に書かないようにしています。こちらが消しても受信した人が消さなければいつまでも残ります。いくらメールが身近になっても、これだけは忘れないようにしたいと思います。

関連情報

  • 顕微授精についてはこちらのサイトがオススメ。