メールは文字だけのやりとりなので、時に誤解を生みやすいものです。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

メールは文字だけのやりとりなので、時に誤解を生みやすいものです

メールは文字だけのやりとりなので、時に誤解を生みやすいものです。
直接会って会話をしたり、電話でのやり取りをしたりするなら、相手の表情や声のトーンなど言葉以外から伝わるものがあるのですが、文字だけのやり取りではそれがありません。そのため、なにげなく打った文章が、相手にはきつい言い方に取られたり、怒っているように伝わってしまったりすることがあります。
ですから、私がメールを送る時に気をつけていることは、まず慎重に言葉を選んで誤解を生まない表現をすることです。
そして、メールでは込み入った話や自分の気持ちを伝えるようなことは極力避け、連絡や用件など事務的なやり取りに徹するように気を付けています。
メールは便利なツールであることは間違いありませんが、文字だけのやりとりがもつ難しさがあります。それを忘れて調子に乗って長いメールを打つと、友達同士でもメールが元で喧嘩になったり不仲になったりしてしまうことがあります。文字だけのやりとりではやはり伝わらないニュアンスがあります。そのことを忘れず、メールを上手に利用したいと思います。