メールは通話と違い、相手が電話に出られない状態でも伝えられるので便利です。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

メールは通話と違い

メールは通話と違い、相手が電話に出られない状態でも伝えられるので便利です。

しかし、メールですと文字だけなので、伝えたい感情や内容がそのまま伝わらず、勘違いされてトラブルになる事もあるので、色々と気を付けたいところです。

まず気を付けるのは、誤変換や誤字がないかをチェックする事です。
メールが送られてきた時に誤字などがあると、メールの内容はもちろんの事ですが、送り主の性格まで疑ってしまいます。私自身も誤字が多くいい加減な人だと思われないように、誤字や誤変換には気を付けています。
次に気を付けたいのは、言葉の言い回しで勘違いされていないかと言う事です。
例えばメールで「結構です」と送った場合、了解と言う意味なのか、断っているのかどっちの意味でも成立してしまいます。言葉の言い回しでトラブルになる事も結構あるので、自分の伝えたい内容が確実に伝わっているかを考えながら、もう一度読み直してみるのが、私が気を付けている事です。

関連情報