メールは手紙よりも手軽に、時間をかけずに送って確認してもらうことができ、更に送受信者双方が記録に残すことができる便利なツールです。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

最近の急上昇ワードインターネット、すぐわかるこのサイトでチェックしてみてください

メールは手紙よりも手軽に

メールは手紙よりも手軽に、時間をかけずに送って確認してもらうことができ、更に送受信者双方が記録に残すことができる便利なツールです。
ビジネスやプライベートに幅広く利用されていますが、気軽に送ることができるので、ついついマナーを怠りがちになります。
私は、プライベートでもメールを送る時に気をつけていることがいくつかあります。まず、そんなに頻繁にメールしない相手に事務連絡を送る時には、一対一でも必ず最初に名乗ることです。
「こんにちは、○○です。
」この一文を入れることで、後に書く用件の内容が相手にすんなり受け入れられると思います。
また、一斉送信メールでは敬語を使うことも心がけています。普段のおしゃべりや一対一のメールでは敬語を使わない仲でも、みんなに一斉に連絡したいことがある時は、敬語を使った方が印象は良くなると思います。
これらは両方、相手に良い印象を与えてメールを熟読してもらうための心がけなので、相手のためだけでなくメールを送信する自分のためにもなることです。