私が「やってしまった」と蒼白になったのは、メールの宛先違いです。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

私が「やってしまった」と蒼白になったのは、メールの宛先違いです

私が「やってしまった」と蒼白になったのは、メールの宛先違いです。
彼氏とのメールが一番多かったため、無意識に彼のメールアドレスを登録する癖がついてしまい、友達に送るはずのメールを何度か彼に送ってしまいました。

幸いどのメールも親友(女性)に送るメールだったので、やましいことは何も書いてはいませんでした。
ただ、彼には見せたことのないテンションの高さと絵文字の多用をしたメールで、恥ずかしい思いをしました。
Gmailなど、送ってしまっても数秒は取消を押す余裕のあるものもありますが、携帯は取消ができないので本当に要注意です。

また、ビジネスの面では「敬語の多用」に気をつけるようにしています。敬語に敬語を重ねるような文章を書いていないか、必ず確認します。ビジネスなので丁寧であるのは良いですが、不必要に高い壁を作ってしまって、相手と良好な関係を築けなくなってしまっては意味がありません。
メールはゆっくりと考えながら文章を作ることができるので、本当に便利だと思います。
でも、それに頼りすぎることのないよう、コミュニケーションツールのひとつとして使うことが大切なのではないかなと思います。

関連情報