仕事でのメール送信では、過信しすぎないように気を付けています。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

仕事でのメール送信では、過信しすぎないように気を付けています

仕事でのメール送信では、過信しすぎないように気を付けています。返信やこちらからの連絡など、いつでも手軽にメールを送ることはできますが、確実に伝わっているとは限りません。
特に仕事上の大切な内容はメールで送って、そのあと電話を入れて、メールが届いているか確認します。毎回ではありませんが、重要な内容や急ぎの用事であれば、「メールを送りましたが、届きましたか?」の電話はするようにしています。相手がいつもメールを見ているとは限りません。逆に来たメールには、なるべく早く返事を出します。調べることがある場合は、拝受と返信して、メールを受け取ったことを相手に知らせます。
プライベートでは、届いて楽しい、明るい気持ちになるような文章で送るようにしています。気になったこと、例えば、「寒くなったけど、風邪大丈夫ですか?」といった、相手を気遣う一言を入れたりします。プライベートの人間関係は一生ものと考えているので、仲は良くても、メールでの一定のマナーは守るようにして、相手を尊重したメールを心掛けています。

関連情報