メールを送る時に気を付けていることは、「強い言い方(書き方)をしない」ことです。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気を付けていることは

メールを送る時に気を付けていることは、「強い言い方(書き方)をしない」ことです。
文字で見ると、言葉のニュアンスはなかなか伝わりません。「こうしたい」と思うことでも、ストレートにそのまま書かず、「〜したらどう?」「〜したいな」など、やんわりとした書き方をするようにしています。文面だと話すよりも強く伝わってしまいそうなので、このような言い方で自分の意志を伝えています。
また友人同士では絵文字を使って、その時の感情が伝わるようにもしています。目上の方へのメールには失礼かと思い、絵文字は使っていません。
またメールは残るものなので、悪口などは書かないようにしています。今の時代、すぐにSNSなどで拡散されて、トラブルを起こしかねないからです。

また相手がどんなタイプのパケット料金サービスに加入しているかわからないので、画像などの添付は送ってもいいとわかっている人だけにしています。お互いに思いやりの心を持って気持ちの良いメール交換をしたいものです。

関連情報