メールを送る時に気をつけていることは、私の場合は言葉遣いと誤変換です。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていることは

メールを送る時に気をつけていることは、私の場合は言葉遣いと誤変換です。

目上の人、親しい人、家族などそれぞれ送る相手によって、言葉遣いは変わるものです。
親しい人にはある程度砕けていても大丈夫ですが、上司などに間違った言葉遣いでメールを送ってしまったら、大変です。

それに誤変換も重要です。
以前、実体験ですが、薄毛の方に、「けなし合いをして大変」と書くつもりが「毛無し愛をして大変」と誤変換したまま送信してしまったことがあります。返信で「毛無し愛って何だよ」と来て、慌てて自分が送信したものを見ると、確かにそういう文面になっていて、申し訳なくてすぐに謝罪しました。

もちろん悪意はなく、からかうつもりもなく、本当にただの誤変換だったのです。
直接会って謝って本人も許してくれましたが、誤変換で相手を傷つけた私は最低としばらく落ち込みました。

それ以降、メールを送る時には間違った変換をしていないかをしっかりチェックするようにしています。