メールは電話や会って話すことと違い、相手の状態がわかりません。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

メールは電話や会って話すことと違い、相手の状態がわかりません

メールは電話や会って話すことと違い、相手の状態がわかりません。その分自分のタイミングでメールを送ったり、また受信したメールを読んだりすることができるので便利ですが、ひとりよがりにならないように注意も必要です。

私がメールを送る時に気をつけていることは、言葉の選び方です。
会話のうえでの言葉のやりとりであれば、細かいニュアンスも伝わりますが、メールではそれが伝わりません。そのため曖昧な言葉を避け、文章が少し長くなっても相手に伝わりやすいメールになるように心がけています。
特に感謝や謝罪のメールについては、多少オーバーな表現を使うようにしています。以前、私が送ったメールの内容を友人が誤解したことで、仲がこじれてしまったことがありました。
それ以来メールを送る前には、よく読み返すようになりました。

もうひとつ気をつけていることは、メールを送信する時間です。
私自身が夜更かしすることもあって、メールをする時間も遅くなりがちですが、相手が寝ていることもあるので、注意しています。