私はメールを使用するのは、主に仕事関係です。

メールを送る時に気をつけていること

メールを送る時に気をつけていること

私はメールを使用するのは、主に仕事関係です

私はメールを使用するのは、主に仕事関係です。

その際に注意していることは、「誤字、脱字、敬語使いや言葉運び」などです。
会話と違い、メールはそのまま残ってしまうので、ミスをすれば恥ずかしい事このうえありません。また、相手に真意も伝わりません。
次は「送信前の推敲」、送付する前に一度、下書き保存し、もう一度読み返すようして、文章を再チェックして送信します。そして「簡潔に記載すること」、長い文章は極力避け、出来るだけ要点を箇条書きにするようにしています。いかに相手によく理解してもらうかが勝負だと思っています。また、「メールは補助手段」にすぎません。仕事はやはりフェイスツーフェイス、もしくは電話で行う方がこちらの意図、相手の意図が伝わりやすいと思うので、それらを優先し、時間を合わせにくい人や、文字として残すことが必要な場合にのみ使用するなど、補助的側面として活用しています。「重要なメールの送信時の連絡」には注意しています。メールは片側発信なので、相手が読了してくれているか不確かなこともあるので、重要度が高いメールを発信した際には、必ず電話連絡をするように心がけています。